まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2006年6月12日

■2006年6月12日(月)の記録 (荒川緊急用河川敷道路: 戸田橋〜堀切橋(往復36.4km))
  軽快車とは名ばかりの“重ちゃり”で片道18kmちょいの激走。その成果をご覧あれ!

  ※写真をクリックすると別ウインドウで拡大表示

さて、今回は前回(2006年5月3日)の続きってことで、いきなり足立区の千住新橋からレポートスタート。この時期、土日祝日は人やら犬やら自転車やらでごった返すここ荒川下流域も、さすがに平日とあってガラガラなのである。
千住新橋の傍にそびえるひときわ高い物件、その正体は足立区生涯学習センター「学びピア21」なのだそうである。まあわしには無関係だな。
あれに見えるはライブ○アの堀江某君が拘留されたことでも有名な小菅の東京拘置所。荒川から見ると、ちょうど左岸の川沿いに位置しておる。こうして遠巻きに眺めると、なにやら地球防衛軍の本部風。ド真ん中からサンダーバード3号が飛び出してもおかしくないのである。
今回、新たに導入した新兵器がこれ。やわらかジェル入りのサドルクッションである。じつは一山ナンボの軽快車で長距離を走るのにはぼちぼち限界を感じており、前回など尻が痛くてたまらんかったのである。しかーし、このクッションさえサドルに装備しておけば、この程度のロングライドはなんのその。鼻歌まじりでペダルを漕げるのである。
てなこといっとるうちに到着したのが、今回の目的地である堀切の水門。真上を通るのは首都高速6号向島線で、わしも何度かクルマで通過したことがある。よくぞここまでパパチャリ号で到達したものだと感慨ひとしおなのである。
傍らに見えるのは東武伊勢崎線の堀切駅。地元の人にはなんつーことない小さな駅も、はるばる埼玉県戸田市からパパチャリ号でやってきたおやぢにとっては、なんと新鮮に映ることか!
堀切駅より荒川右岸、河口方面を望む。ここから先はまだまだ未踏域。パパチャリ号で東京湾まで行き着くのは、果たしていつになるのだろうか!?
元の写真がボケボケなのでシャープかけまくりの写真。ここまでの片道距離はこんな感じ。この後、えっちらおっちらと戸田橋まで帰るのである。あーしんど。

今回はここまでなのぢゃ!!
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2006年6月12日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com