まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2007年5月8日

■2007年5月8日(火)の記録 (蕨〜芝川CR〜芝川水門〜荒川河川敷道路〜笹目橋 (46.24km))
  いつもの荒川を離れ、となりの蕨市から川口市に入り芝川サイクリングロードに行ってみた。ところが…。
  ※写真をクリックすると別ウインドウで拡大表示

ここは川口市、ジャスコの近く。芝川にかかる上根橋である。芝川にサイクリングロードがあるという話は以前から聞いていたが、訪れるのは今回が初めて。さて、どんな風なのか…??
広大な荒川の河川敷道路と比べれば、いささか狭いのはやむを得まい。見たところ、ごく普通のサイクリングロードである。まずは北方へ向かってみるとしよう。
芝川CRはところどころで一般道と交わり、場所によってはこのようにCR側が陸橋になっておるが、多くの交差部分で信号もないところをキョロキョロしながら道路を横断したり、大きく迂回して信号のある交差点を渡ることになる。これはかなりの興醒めだ。早くもウンザリしてくる…。
芝川CRはまだ整備途上にあり、有名な旧浦和市の見沼通船堀を過ぎるあたりで砂利道になってしまう。ぶつぶつ言いながら、もう少し北上してみようか。
通船堀から少しだけ進んだあたり、JR武蔵野線のところで完全に通行止め。あとで調べたところ、さらに北上するには対岸の砂利道を進まなくてはならんようだ。いくら整備途上とはいえ、なんなんだこりゃー! と思ってしまうのである。
ちょいと戻って見沼通船堀など見物。早い話が埼玉版のパナマ運河で、芝川と隣接する見沼代用水東縁(ひがしべり)と芝川の水位に高低差があるため、船が行き来するための水門がいくつか設けられた史跡である。
詳しい説明は看板を読むべし。うむ、なるほどタメになった!
その後、芝川CRをぐんぐん南下して、ここは芝川&新芝川の分岐点である青木水門あたり。すぐ脇には川口オートレース場があり、平日だというのに時折オートバイの爆音が聞こえてくる。
新芝川から下流側を臨む。本日は天気も良いことだし、さらに南下して荒川まで行くとしようか。
どこの橋かは忘れたが、ちょいと記念撮影。新芝川は完全に人工の用水路なので、このように面白くもなんともない景色がだらだらと続いている。
ふと道路脇を見ると、何を今さらの芝川CR案内図。武蔵野線から先は破線になっていて、なるほどまで整備されていないのだなとナットクさせられる。
新芝川沿いのCRも一般道との交差部分が多く、迂回やキョロキョロ横断の連続に甚だ辟易する。しかも道幅が狭く、ママチャリや散歩が多くてスピードが出せない。平日でこんなんだったら休日はどーなるのだ!? などとブツブツいいつつ南に下ると、ようやく荒川の芝川水門が見えてきた。
と、その手前の道路脇に自転車を模したカワイイ時計が…。本日、唯一ココロがなごんだ瞬間だ。
ここは荒川、芝川水門の上。傍らには都市農業公園があり、自転車乗りの間でちっとは知られたレストラン「さくら」がある。当然、記念に写真を撮るパパチャリおやぢだが、けっこう強い南東の風が吹いていて、直後に我が愛車が転倒。フロントフォークに傷がついてしまったではないかぁぁぁ!! 気温は27℃もあってクソ暑いし、この日はぷんすか不愉快だったのであーる。ぶりぶり
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2007年5月8日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com