まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2007年5月18日

■2007年5月18日(金)の記録 (荒川河川敷道路: 戸田橋〜葛西臨海公園 (70.26km))
  約2ヵ月ぶりで海の際まで接近。東京名所の葛西臨海公園にて、いろいろ懐古してしまうおやぢであった。
  ※写真をクリックすると別ウインドウで拡大表示

本日は東京湾に面する葛西臨海公園まで行くつもりで、南からの向かい風の中、がんがんペダルを踏んで辿り着いたのは清砂大橋。以前に渡ったときもそうだったが、ここはいつもすげー強風がまともに当たるので、けっこうおっかないのだ。
橋を渡りつつ南に目を向けると、あれに見えるは臨海公園の大観覧車。いざ、参るぞ!!
荒川の左岸に渡って中川との間の土手上の道を走ると、荒川河口橋に到達。国道と首都高速とJRの鉄橋がまぜこになっているだけに、相変わらずでっかい橋だ。
とかなんとかいいつつ、ここは葛西臨海公園。前に何度か家族連れで遊びに来たことがあり、つい2ヵ月ほど前に40年数前の某団地のご近所さん、N氏と密会した現場でもある。かつて、ここが干潟だったころにうろうろしたこともある1956年生まれのおやぢとしては、景色を愛でてばかりもいられない複雑な気分。ごめんね、たくさんの生き物たち…。
公園のまわりをぐるりと一周。この日はとても南風が強く、写真正面の立ち木の枝の様子を見れば、どれほどの強風かは推測できるかと思う。こりゃもう、帰りの追い風が楽しみだわい。
公園の東にあるバードウォッチングの名所、鳥類園である。おそろしく静かな場所で、とても首都圏の一隅とは思えない。人間以外のすべての生き物を愛でるおやぢは、しばし野鳥たちの愛らしい姿に心奪われるひとときを過ごす。
石畳風の海岸。ここもかつては美しい干潟だった。なんだこの吐き気がするほどおぞましい人工海浜は…!! 最低の気分。
葛西臨海公園といえばコレ、大観覧車である。以前、一度だけなんかの間違いで乗ったことがあるものの、恐ろしさのあまり凍りついてしまい、小学生の娘にさんざんコケにされた記憶がある。もちろん、もう二度と乗ることはないのである。
今回はこれにて…!
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2007年5月18日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com