まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2007年9月8日

■2007年9月8日(土)の記録 (【番外編】戸田橋〜荒川〜千住新橋(32.68km))
  去る9月6日、関東に上陸した大型台風9号の影響で荒川CRも大変な損害を受けてしまった。本日はその2日後の様子をレポートだ。
  ※写真をクリックすると別ウインドウで拡大表示

いやまったくでっかい台風だった。当家のある埼玉県戸田市では停電こそなかったものの、電車も高速道路も軒並みストップ。荒川もみるみる水かさが増して濁流が戸田橋のすぐ真下まで迫ってしまい、ブルーテントで暮らすプロの野外生活者の皆さんは大変な目に遭ったようだ。写真の河川敷道路の上には、そのときの藻屑が山を成しておる。
じつは台風一過の昨日夜、シラス号に乗って荒川の様子を見に来たのだが、そんときゃ土手のすぐ下まで水位が上がっていて、ゴルフ場も野球のグラウンドもすべて濁流に呑まれておった。その様子はまるで黄河か揚子江。本日はだいぶ水かさは下がっているが、いつもゴルフおやぢで賑わう打ちっぱなしの練習場も、このとおり完全に泥水池となっている。
路面の様子がわからないため、この日はシラス号ではなく旧パパチャリ号のフジ軽快車にて出撃。この自転車で荒川を走るのは久しぶりだが、いや〜、クロスバイクに乗り替えるまでこんなに重たい自転車で走っていたとは驚き。さらに驚くのは、水が引いた後の河川敷道路が乾いた泥で全面薄茶色に覆われていることだ。
写真で見るとまるで湖のようだが、ここは戸田橋に程近い赤羽ゴルフ倶楽部のグリーンである。完全に水没しており、見る影もない…。
こちらはふだんゴルフカートの出入り口になってるところ。いやまったくひどいもんだ。
ところで久しぶりで出撃した旧パパチャリ号だが、まだまだクソ暑い残暑のなか、荷物やスポーツドリンクのボトルを入れておくのに前カゴはめちゃ便利。スポーツサイクルにもこんなのが欲しいと痛感する夏の午後なのである。
川の向こうに見えるのは芝川水門。手前は東京都民ゴルフ場で、鹿浜橋の北側にあたるこのへんも完全に池になってる…。
さて、ここは荒川右岸の扇大橋と西新井橋の間。このあたりを走ったことのあるチャリダーならご存じだろうが、たくさんの野良猫軍団が生息しているのである。わしはもう、今回の台風でここに住んでる猫たちが流されやしないか心配で心配で…。でも、どうやらこの付近の河川敷は水没を免れたらしく、猫軍団は元気でいるようだ。
今年生まれた子猫たちも無事とみえる。まずはひと安心。きちんと数えたことはないのだが、ここの猫軍団、どうも30匹以上はいるようだ。
数多い猫たちのなかで、ひときわ目を惹く美麗な三毛猫がこのコ。うちはすでに4匹も猫がいるのでこれ以上は無理だが、余裕があればぜひ面倒見てあげたい超美人なのである。
猫たちの無事も確かめたことだし、重たい旧パパチャリ号で帰途につく。相変わらず路面は乾いた泥で粉だけらけだ。
台風通過後2日目にして、早くも小型のブルが泥除け作業に繰り出しておる。ここは岩渕水門と鹿浜橋の間あたり。土手の下は泥ででろでろなのである。
さらに岩渕水門からJRの鉄橋を過ぎた戸田橋の手前あたり。まだ泥が渇ききっておらず、ぬるぬるのでろでろ。こんなところをシラス号で走ったらタイヤもギアもフレームも汚れちまうではないか。お古の旧パパチャリ号で出動して正解であったと納得しつつペダルを漕ぐ残暑の9月初旬なのであーる。
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2007年9月8日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com