まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2008年5月8日

■2008年5月8日(木)の記録 (外環浦和〜国道298号〜八条橋〜県道29号〜流山橋〜江戸川〜市川橋〜蔵前橋通り〜平井大橋〜荒川(左岸)〜西新井橋〜戸田橋 (69.35km))
  今回は初めて走る東寄りの周回コース。戸田から東京外環下を抜けて江戸川を下り、荒川まで行ってみよう。

  ↓今回はALPSLABのルートマップ付き。(MacOS9ほかold環境には非対応、スマン)
   ※レスポンス悪くてなかなか表示されないこと多し。待つべし!



  ※写真をクリックすると別ウインドウで拡大表示

ここは東京外環道の下を通る国道298号の、そのまた傍にある側道だ。戸田市の自宅から外環浦和あたりに出て、ひたすら東に向かっている途中。外環下の国道298号はきわめて交通量の多い危険な道だが、側道はこんな感じでスカスカ。とはいえ、歩道と側道を何度も行き来するので、決して走りやすくはない。
川口市内のとある交差点。正面の道路標識を見ればわかるように、この国道298号はじつは自転車禁止ではないため車道を走ってもかまわない。だが、大型トラックはがんがん走るし、アンダーパスで長いトンネルのような場所をいくつも通過するため、とてもコワくて自転車で走ろうとは思わない。
首都高と外環道が交わる川口ジャンクションの下あたり。あとで調べたところ、ここで首都高速は終わりで北側は東北自動車道になるらしい。クルマで通過するときなど、そんなことまったく知らないのであった。
さらに外環下を走り続けて、ここは草加市内の綾瀬川。ちょうど松原団地の北あたりである。
ついでに綾瀬川放水路の草加北水門。綾瀬川といえば、何年か前に日本一汚い川といわれてたが、今はどうなのだろう??
八潮市に入ったあたりで名もない交差点を斜めに左折し、県道29号草加流山線に入る。まっすぐ行けば江戸川を越え、千葉県に入る道だ。
常磐自動車道の下をくぐり、これは武蔵野線。ガード下を過ぎるとJR三郷駅が見えてくる。
やってきました流山橋。下に見えるのは江戸川の広い河川敷。初めての江戸川サイクリングロードだ。ところで、流山橋はこの近辺では唯一、江戸川を無料で越えられる橋として有名。他はすべて有料道路なので、ラッシュ時にはとてつもない大混雑。我輩も、それでずいぶん前に大変な目に遭ったのだ…。
流山橋の北側もちょい「パシャ」。ひたすら何もない、典型的な河川敷のサイクリングロードだね。
ここからずんずん南下。途中にはご親切に東京湾までの距離を示す標識がある。この日は東風なので、真横から風を受けつつひたすらペダルを回すのだ。
江戸川CRは途中でいくつかZ字型に土手を登ったり下ったりするが、あとはほとんど土手上の道。横風や追い風ならいいが、向かい風だとかなりキツそうだ。
川向こうに見えるのは、JR松戸駅周辺の街並み。大きなビルが並んでいるのでとてもわかりやすい。
途中でCRの改修工事をやっていた。江戸川は荒川の河川敷道路よりは狭いものの、道路状況もよく、なかなか好印象なのである。
さらに南下して、やってきたのはJR総武線と国道14号の市川橋。本日はここから蔵前橋通りを西進し、荒川に入るので江戸川とはここでおわかれである。
途中の蔵前橋通りは撮影省略。なんつーことない都会の一般道だ。で、ここはなんだか懐かしいぞ荒川左岸の平井大橋。あれに見えるはJR総武線で上には首都高速。あとはほいほい北西に進めば戸田市に帰還。本日の周回コース、無事制覇なのであった。
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2008年5月8日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com