まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2008年9月9日

■2008年9月9日(火)の記録 (外環〜見沼代用水東縁〜見沼元圦公園〜利根大堰〜武蔵大橋〜利根川〜刀水橋〜国道407号〜国道140号〜熊谷大橋〜荒川大橋〜荒川〜秋ヶ瀬橋(148.75km))
  この夏は多忙と悪天候が続きふてくされモードのパパチャリおやぢだったが、ついにチャンスがやってきた。
  かねてよりたくらんでいた埼玉縦断周回コースに出撃だ!!

  ↓今回はYahooルートラボのルートマップ付き


  ※写真をクリックすると別ウインドウで拡大表示

2008年夏後半は突然の大雨と雷が頻発し(いわゆるゲリラ豪雨)、天候不安定なうえに我輩が甚だ多忙ということもあり、全然自転車に乗れなかったのである。やっとこ一段落ついた9月9日は、前々日が完徹で早寝したため珍しく早起き。朝9時ちょうどに自宅より出陣し、見沼代用水「緑のヘルシーロード」をずんずん北上。ここはJR武蔵野線の南側である。
大崎公園の手前あたり。この日は湿度が低く雲ひとつない快晴。木陰をホイホイ走ると、この世のものとは思えんほどに気持ちいいのであーる。
いつも休憩場所にしている見沼自然公園近くの木陰ベンチ。湿度が低いためすぐにノドが渇き、早くもボトルの中身が減ってきたぞ。
午前11時過ぎに菖蒲町役場近くのヤマザキデイリーで早めの昼飯をゲットし(ここはコンビニ内で手作りの弁当を売っておる)、見沼代用水に戻ってさらに北上。このあたりだと、用水は星川と合流しているため看板も「星川」となっている。
星川沿いの管理用道路。ただただひたすらに直線道路が続く。対岸のヘルシーロードよりこちらのほうが広く、走りやすいのはサイクリストの間では有名だ。
昨年11月にたどり着いた秩父鉄道の踏切を越え(詳しくはこちら)、初めてのコースに突入。と、ここで用水沿いに走っていたつもりが、うっかりルートを見失い用水から分岐する星川を西進してしまった…。このあたり「緑のヘルシーロード」と書いた表示板をしっかり確認しながら走らないと、コースを外れてしまうのだ。地図とケータイのGPSで確かめてから、ぶーたれながら戻るのであった。
やったぜ、ここが「緑のヘルシーロード」起点の見沼元圦(もといり)公園。埼玉県の北端に位置し、あとちょっとで利根川。いやー、ここにたどり着くまでの日々は長かった…。
見沼元圦公園のすぐ横には川魚の料理店や観光釣り堀がチラホラ。ずいぶん昔の子供のころ、父親と一緒にこんな釣り堀で遊んだ記憶もあるなぁ。
公園の脇、西側にはヘルシーロードの起点(北上してきた我輩から見ると終点)が。せっかくだからいちばん端っこまで行ってみる。
公園の東側は利根川からの取水口。どぼぼぼぼとすごい音をたてながら、利根川からの水が見沼代用水に流れ込んでいる。
土手を駆け上がると一気に視界が開け、利根川の大パノラマが広がる。あれに見えるは利根大堰で、その傍には武蔵大橋。橋を越えれば群馬県だ。
土手から見沼元圦公園を見下ろすと、見沼代用水のほか武蔵水路、埼玉用水路ほか複数の用水に利根川の水を取り込んでいるのがよくわかる。さすが利根川、関東の大水源なのである。
※この写真だけXGAサイズで拡大
はるか南の戸田市からやってきたおやぢは大はしゃぎ。もう写真撮りまくりなのである。
時刻はちょうど午後1時ごろ。ここまでの距離はこのくらい。
いよいよ武蔵大橋を渡って群馬県に突入だ。ところが、この橋の歩道は幅が1mほどしかなく、狭いうえにかなりの高さでコワイコワイ…!!!
橋の欄干から利根川を見る。てめこの、恐すぎるぞ!!
ガクガクブルブルで橋を越え、ついに来ました群馬県。これにて埼玉縦断ミッション、コンプリートなのだ。
念のため、群馬県側から武蔵大橋を見るとこんな感じ。右端が歩道で、狭さがよーくわかるでしょ。
ここから利根川沿いのサイクリングロードを西に進むとしよう。これまたきれいに整備された道が延々と続き、しかも東からの追い風。ビュンビュンかっ飛ばすのである。
なるほど、ここは千代田町が管理するCRなのか。ふむふむ。途中にはすこぶるキレイなトイレも完備され、甚だ好感度大のいいコースだぞ。
海から、つまりはるか東の千葉県銚子港からの距離はこのくらい。
さっきとあまり変わらんけど、相変わらずストレートなコースが続いてる。いやー広いなぁ利根川は。
と思ったら、なんてこったい砂利道だ。一気にへこむ(x...x)
結局、砂利道はほんの一部分で、また舗装路に戻ったのであった。で、ここは刀水橋。南に渡って再び埼玉県に入るのである。
ここからは国道407号をひたすら南下。熊谷市の荒川を目指すのだ。国道脇には歩道があるが、やたらデコボコしていて走りづらい。クルマが途切れたのを見て、車道側をガンガン突っ走るのである。
それにしてもアヂイ。さすが熱波の街、熊谷だ。途中の「道の駅めぬま」に立ち寄り、メロン味のかき氷をバクバク喰う。ふだんそんな甘いものなどゼッタイに喰わない我輩だが、さすがにこの日は甘いもんがンマイ!!!
この後、またまた道を間違えて国道140号に入ってしまい、やむなく熊谷大橋を越えてぐるっと回って荒川大橋を北進。荒川の左岸に入るのである。いや〜、それにしてもちゃりにもカーナビが欲しいネ。
荒川左岸の運動公園をわき目に見ながら、すいすいと南下。と、いいたいとこだが、このあたりで走行距離100kmに到達。しかも超アヅイ。ぐったりへろへろ、ペースも落ちてきたぞ。
ただでさえヘコタレ気味なのに、追い打ちをかけるように砂利道出現。困ったことに距離も長い。前方に見えるのは久下(くげ)橋で、その向こうもさらに砂利道なのであった…。橋の下でおやつのアンパンを喰らう。
荒川チャリダーの間では有名な荒川パノラマ公園。公園内はとても広く、小さな子供連れだと楽しめそうだ。この後、黙々と荒川を下り、秋ヶ瀬橋から大宮バイパス経由で帰宅したのは夜の7時過ぎ。さすがに疲労困憊。この日は2.5リットルほどの水分を摂ったにもかかわらず、さらに風呂の後でグワッと浴びたチューハイのンマイこと。あとはバタンキューで(表現が古いね)大爆睡…zzZZ
本日はこれまで!
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2008年9月9日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com