まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2011年1月26日

■2011年1月26日(水)の記録 (三ノ宮〜新神戸駅〜生田川〜中山手通〜相楽園〜ハーバーランド(煉瓦倉庫)〜神戸ポートタワー〜メリケン波止場〜東遊園地公園〜みなとのもり公園〜ポートターミナル〜京橋〜三ノ宮(18.04km))
  じつになんとも久しぶりの爆走レポート。今回はなんと兵庫県神戸市に業務にてクルマで出撃後、夜中に神戸市内をシラス号で徘徊だ。

  ↓今回はYahooルートラボのルートマップ付き


  ※写真をクリックすると別ウインドウで拡大表示

クルマでの長距離取材は?年ぶりなのである。今回は冬のまっただ中、16年目を迎える我が愛車ホンダ・オデ助号に撮影用モデルとしてダホンSpeed P8号とスペシャのシラス号を積み込み、さらにおっさんが総勢3名も乗り込む大所帯で神戸に出撃。昼間は淡路島から徳島へと渡り、鳴門のうず潮まで拝ませていただいたのち、夜中の9時過ぎにようやく解放。三宮のホテル近くに停めたオデ助号からシラス君を取り出して徘徊スタートなのぢゃ!
夜の神戸でナニをするかといえば、GPS宝探しのジオキャッシング。まずは山のある北方へと突撃! と思ったら、さすが神戸は坂の街。早くも激坂の洗礼を受け、気温は0℃近いというのに汗だらけ。頑張って布引の滝まで行くつもりがまるで根気が続かず、無念、断念。あきらめて海側に移動とは相成った。むむー…
てなわけで、下った先には新幹線の新神戸駅。ここには以前、知人の結婚式やらなんやらで何回か来ておるが、よもや自転車で立ち寄ることになろうとは。
せっかくなので、駅前でパシャ。夜中にこんなとこまでチャリで来るおやぢなんていないから、けっこう変な目で見られておるが気にしない!
その後、いったん三宮まで戻り、中山手通を西進して相楽園に到着。もちろん夜中だから開いてないので、写真だけパシャ。
かくっと左に折れて南下し、神戸駅から東進するとハーバーランド。煉瓦倉庫で知られたおされな街である。この手のイルミはもちろん東京近郊でも簡単に拝めるが、やはり神戸のイルミはひと味違うぜ。
煉瓦倉庫レストランのすぐ近く。ここの一角にジオキャッシュ、つまりお宝が隠されているのだが、詳しい隠し場所はヒ・ミ・ツ。すでにジオキャッシング歴2年になる我輩は、ここでも難なくお宝を発見してしまうのであった。
その後、海岸沿いの道をへろへろ走りつつ、たどり着いたのは神戸ポートタワー。すでに夜中の10時を過ぎているのでライトアップは終了。ここはポートタワーの真下である。
近くのメリケンパークにはいろいろ面白そうな展示物があるのだが、どれも真っ暗でよーわからん。一見、ウルトラ警備隊のビーグルとおぼしきこの物体は水中翼船の試験船のようだが、説明板の写真を撮り忘れたなぁむはははは。
いやあ、それにしても寒いぞ。あとで調べたら、この日の神戸港の夜の気温は0℃だったらしい。そういえば雪も降ったぞ。で、ここはフラワーロード沿いの東遊園地公園にある阪神淡路大震災の鎮魂の碑。「一・一七 希望の灯り」と題され、中では命の火が灯り続けている。こんなところにもジオキャッシュは隠されているのだが、探索前に手を合わせて深く合掌。わしが神戸を訪れたのは、約20年前にわが妻と旅したのが最初。その後、あの大震災に見舞われてしまったこの街を、わしらは深く愛しておる。よくぞここまで立ち直ってくれたと感慨深いものがあるのだ…。
てなこといいつつ、ここは三宮のちょい南東にあるみなとのもり公園。ここにはかつて神戸港駅なるポートトレインの駅があったそうだ。もちろん、ここでもジオキャッシング。すぐ頭上に高速道路の高架があるためGPSが不安定なれど、無事にお宝ゲット。すでに時刻は0時近いぞ!
本当はこのまま南下してポートアイランドに渡りたかったのだが、時間が遅いし神戸大橋の歩道が工事中で自転車では渡りづらそうだ。やむなく無人のポートターミナルあたりをうろうろ徘徊。
ここがポートアイランドへと通じる橋の入口。中国に行くフェリーもポートターミナルから出るんだねえ。さすが国際港だ。
すでに時刻は午前1時近く、人はもちろん行き交うクルマもまばら。東京都心だとこの時間でも人もクルマもうじゃうじゃいるのだが、さすがに神戸はそこまで不摂生な人間はいないってことか。とはいえ、三宮に戻るとまだ多くの善男善女がたむろしておった。繁華街から外れれば、こんなものかいのう。この後、ホテルで酒飲んでぐーすかぴーと夢の中…。
本日はこれまで!
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2011年1月26日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com