まるほ商会 イラスト ライティング DTP ウェブデザイン 自転車
お仕事 パパチャリ号 ペット君たち わしのこと リンク
まるほ商会トップ > ちゃり > 2013年9月20日

■2013年9月20日(金)の記録
(◆戸田公園駅…JR埼京線・りんかい線…東京テレポート駅(輪行)〜日本科学未来館〜暁ふ頭公園〜お台場海浜公園〜国道357号〜辰巳の森海浜公園〜夢の島〜明治通り〜南砂〜清砂大橋〜荒川〜千住新橋〜国道4号〜北千住〜千住新橋〜荒川〜戸田橋(57.90km))

  東京湾のお台場近くにある日本科学未来館にて開催されていた「サンダーバード博」にダホンSpeed P8とともに出撃だっ!

  ↓Yahooルートラボのマップ


  ※↓写真をクリックするとLightboxにて拡大表示

まだまだあぢー東京都心からちょい南にはずれたここは臨海副都心などと呼ばれる埋立地。つまり昔は海だった。埼京線で大崎駅から先のりんかい線乗り入れ電車に乗るのは初めてで、当然この駅で降りるのもお初。夏に細身のタイヤに新調したダホンP8号を担ぎつつ、わざわざ電車でここまでやってきたのにはワケがある。
キミはサンダーバードこと国際救助隊をおぼえているか? わしはおぼえているぞ。我が半生においてこれだけ大きな影響を受けたTV番組はない。その「サンダーバード博」をここお台場の日本科学未来館で2013年7月10日から9月23日まで開催中。これはもう、来ないわけにはいかんだろー! といいつつ、やってきたのは最終日に近い9月20日。ええい、独り親方の夏は忙しいのだっ!
未来館前にて記念写真をパシャ。お台場周辺は徒歩でまわるにはいささか広すぎるので、自転車が断然ラクチン。もちろん自転車置き場も完備している(駐輪台数は少ないがの)。なお、江東区臨海部にはカード式のレンタサイクルもある。詳しくはこちらを。
つーわけでサンダーバード博に潜入。平日午後ということもあり空いているが、場内にはいい歳のおっさんとおばはんの姿もチラホラ。子供はいない。皆とても熱心に展示物に見入ったり、写真をばしゃばしゃ撮りまくっておる。誰もがン十年前の子供に還っておるのだろう。もちろんわしも。
これは知らなかった。一番人気のサンダーバード2号には、実は4つのバージョンがあったそうだ。個々のディテールの違いが説明文で書かれている。とくに初期と末期の機体の色の違いは、読んでみてナルホドと納得! それにしても、ウェザリングと呼ばれる汚しの手法といい、ハイスピードカメラによるこだわりの撮影テクといい、あらためて往時のスタッフの才覚には驚かされる。
サンダーバード秘密基地ことトレーシーアイランドである。まぁ本物(?)とはびみょーに違うのだが、それは今般展示博のスポンサーであるハイテク企業の構造物がまぜこぜになっておるから。ボタンを押すとあちこち光る、なかなか凝った作りが笑える。
こちらでは全32話分のストーリーをあらすじにてパネル展示中。多分わしはすべて観ておるはずなのだが、なかにはよくおぼえていない話もあり、展示を見ているうちにムラムラと「サンダーバードまた観たい!」という気持ちが沸き上がってくる。ノーカットDVDのセット買っちゃおうかなーうひひひ。
場内の一角にはガラスケースに収められたいにしえのプラモデル群が! わしも子供のころ少しは持っていたが、超特大の秘密基地やジェットモグラは欲しくても買ってもらえなかった。まあそんなでっかいの置く場所もなかったわけだが…。展示ケースの上には小松崎茂氏の原画がずらりと並び、ただただ見とれるばかり。
サンダーバードの世界を堪能した吾輩、お次はひとつ上の階上に足を運び、サイエンスなひとときを過ごしてみることに。これはただの地球儀ではなく、音声解説とともにあちこち光ったり映像が映し出されたりする立体オブジェ。まわりには回廊風の通路が配置される、いかにも未来チックな作りになっておる。
さてここは、2050年が舞台の未来都市いとおか市である。館内で無料のチケットを受け取るとこの街の市民として登録され、市内をカメラで覗いたり市民と会話ができる。さらに、来館日とパスワードを控えておけば、自宅からウェブサイト経由で再度アクセスも可能。詳しくはこちらをご覧いただきたい。
いろいろ楽しめた未来館を離脱し、ダホンに跨がりやってきたのはお台場の南東に位置する暁ふとう公園あたり。ここから先は中央防波堤となり、自転車では入って行けない。目の前にそびえるでっかい建築物は中央防波堤にアクセスするトンネルの一部で、周囲は波止場と倉庫だらけ。防波堤との間の海上を羽田に向かう旅客機が通り過ぎる。こんなさびしい場所にもジオキャッシングのお宝が隠されているのがオモロイところ。
あっという間に日没。ここで吾輩、コンビニにて調達したおにぎりセットを取り出し、東京湾ゲートブリッジの上に浮かぶまん丸の満月を愛でつつ公園のベンチでディナータイム。気温はまだまだ高く、風がなんとも心地よい。うれしいことに蚊の攻撃もなく、充実のお月見ディナーとは相成ったw
ジオキャッシングを始めてからというもの、どこの公園に行っても必ずといっていいほどネコの姿を見る。もちろん野良猫。なかにはきちんと去勢、避妊手術をされ地域ネコとして平和に暮らすネコたちもいようが、多くはそのままで増えるばかり。海っぺりの公園なのに、ここでも野良猫と遭遇。見たとこ痩せてはいないが、吾輩のおにぎりを見てくんくん寄ってきた。残り少ないシャケをつまんでホイッと投げると泥でこね回してからパクッ。すまんがわしにはこのくらいしかできない。達者でくらせよ。
南端の公園から再びお台場に戻り、ダイバーシティなる建物の前ででっかいガンダム像とご対面。わしはガンダム世代ではないのでさっぱりわからんが、これで実物大(?)なのだろうか。時刻はすでに夜の8時過ぎ。周囲を見ると、明らかに国外からの来訪者がいろんな言語であーだこーだ大騒ぎしつつガンダムを見上げ、写真撮影に興じておる。それにしても、ダイバーシティの壁面から流れてくる大音量の音楽がまーうるせーこと。早々に退散ぢゃ!
本日は花金の夜ってわけで、この時間はあちこちカッポーだらけ。首から手ぬぐいぶら下げた汗臭い自転車おやぢはいかにも場違い。目的のお宝はいち早くゲットしたし、麗しの夜景とレインボーブリッジも眺めたし、ここも早々に退散なのぢゃ!
なにやら浮かれ気分のお台場を後にして、ダホンP8号にて荒川を目指して国道357号を東に進む。といっても車道は大きなトラックやトレーラーがぶいぶい通り過ぎるので危なくって走れない。ここは大人しく歩道をへろへろ進むとしよう。といっても歩行者はほとんどいないし、歩道幅はそこそこあるので快適快適♪
国道357号の途中、東雲(しののめ)あたりで見かけた高層マンション群。闇夜ににょっきり浮かび上がるシルエットは、まさに映画『プレードランナー』の世界。思わず写真をパシャしつつ、この後、吾輩は夢の島から明治通り、南砂を経由して清砂大橋に至り荒川に到達。あとはひたすら北進して午前1時前に戸田の自宅にご帰還なのであーる。おしまい!
  ページのトップへ
まるほ商会トップ > ちゃり > 2013年9月20日


当サイトはリンクフリーです。どのページにも自由にリンクしてください。事後の連絡も不要です。
(C)まるほ商会 | maruhojp.com